モノホライズンレコード

”会話が生まれる”全員参加型のものづくりサービス「モノホライズン」のブログです。

ユニオン産業様がTV「LOVEかわさき」のコーナーにて紹介されました!

こんにちは、モノホライズン運営事務局代表の淺田です。

今回は、モノホライズンの加盟店様にもなっていただいているユニオン産業様がテレビで取り上げられたので、そのご紹介です。

LOVEかわさき(2016/11/5に放送)

ユニオン産業

1970年創業。神奈川県川崎市。20数年前より、植物由来の素材をプラスチックに配合することで、高付加価値を生み出した製品「ユニペレ(商標登録)」を通じ、社会に貢献され「川崎ものづくりブランド」*1や「低CO2川崎ブランド’15」*2にも認定されています。

 

それでは、テレビにどのように取り上げられたのか見ていきましょう▼

 

社長の通り名「あらゆる植物をプラスチックに変える社長」

なんともカッコイイ名前がついています。

もちろん全部が全部プラスチックに変えればよいというわけではないでしょうが、まるで魔法使いのようなユニークな通り名は、憧れますね。

 

ということで、社内で僕の通り名を考えてもらいました。

 

りんごを地平線でかじる男。

 

Apple製品をこよなく愛する人が、いつもフロンティア(=最先端)にいるということを上手に表現してあると思います。なんですか、この自己満足は。

f:id:monohorizon:20161114112616j:plain

ユニペレの特徴

ユニペレの凄いところは先述した通り、

  • 抗菌性、抗ウイルス性
  • CO2、有毒ガスの発生を抑制

 であることです。

何よりも環境に優しいものを作りたい」という社長が20数年挑戦してきたのがユニペレです。

f:id:monohorizon:20161114112617j:plain

 

さらに高付加価値な「竹取箸」

ユニペレの中でも特に主力製品である「竹取箸」は、その商品名の通り「竹」を原材料としたものですが、抗菌性・環境に良いからさらにプラスの効果を持っています。

 

それは、「滑りにくい」というものです。

 

テレビでは、その滑りにくさを検証していました。

f:id:monohorizon:20161114112621j:plain

 

普通のお箸 VS 竹取箸

竹取箸を持つのは、もちろん森川社長。

 

よーいどん!で始まった5つの豆を他の皿に移す勝負は、普通のお箸でやっとつかめた時点で竹取箸ではすでに3つも移動されています。

結果、竹取箸の圧勝でおわりました。

普通のお箸ではかわいそうなくらいつかみずらい豆が、竹取箸なら一瞬でつまめるということがよく分かります。

f:id:monohorizon:20161114112628j:plain

 

この滑らない竹取箸、当然ながらお豆だけではなくて、麺類もすくいやすいのです。

 

私もこれで良くうどんを食べるのですが、非常に掴みやすく、ご高齢の方のみならず全ての方におすすめしたいですね。

f:id:monohorizon:20161114112624j:plain

 

ぬめりにくい

ユニペレの特徴はまだあります。

 

それは、「ぬめりにくい」というものです。

 

抗菌性=ばい菌が付着しない

ということはつまり、ヌメりの原因となるカビが発生しにくいということなんですね。

 

お箸だけではなくて、様々な製品ラインナップが存在します。

 

個人的に特にオススメするのは、石鹸箱、三角コーナー、ぬめらーず(流しの受皿)の3つです。 ぬめりにくいです、本当に。

f:id:monohorizon:20161114112623j:plain

 

モノホライズンショップ

ここでご紹介したユニペレシリーズは、モノホライズンショップでも販売していますので、是非この機会にお買い求め下さい!

レコード記事

こちらではモノホライズン事務局が直接取材した記事を紹介しています。

 

 

 

この記事を書いた人
写真
投稿者:
プロフィール: