モノホライズンレコード

”会話が生まれる”全員参加型のものづくりサービス「モノホライズン」のブログです。

ものづくり展示会レポート「新価値創造展2016」と「産業交流展2016」に行ってきました!【モノホライズン白書】

こんにちは。 モノホライズン運営事務局の前田です。

モノホライズン白書」を連載し、お役立ち情報を配信しています!

よろしければ過去の記事も見ていってください。

 

 

  

今回は「展示会レポート」第二弾です。

本日は東京ビックサイトで開催中の「新価値創造展2016」「産業交流展2016」にリーダーの淺田と行ってきました!

 

新価値というその名の通り、新しいものを生み出そうと貪欲なものづくり企業や積極的に新しい取引先を見つけようとされていたものづくり企業が多かった印象です。

その中でお話を聞かせていただいた素敵な会社を紹介します。

それではどうぞ。

1,伝統の工芸×電灯のプロ! 東京電装株式会社

f:id:monohorizon:20161101145849j:plain 

展示会会場でひときわ光っていたのが東京電装株式会社さん。

元々は、企業からの節電についてのソリューションを提供したり、受注生産で技術を磨いていました。

自社製品を持ちたいと思っていたある日、展示会会場で素敵な製品と出逢い

伝統工芸品とコラボレーションさせるというアイデアを思いついたそうです。

満を持して開発したのがこちらの「あかりアトリエシリーズ」

f:id:monohorizon:20161101161356j:plain

左からコーヒーのドリッパー、フルーツボール、半升(”はんじょう”と読む。商売”繁盛”とかけて飲食店に人気とのこと)、鳥かごに花をあしらったものをモチーフにされているとのこと。

「なんてオシャレなんだ!」と思い、目が釘付けになりました。

代表の三島隆繁様は「ひらめきをキラメキに」をコンセプトに据えて、今後も学生のデザイナーや工芸作家とのコラボレーション作品を生み出して、クリエイターの方と一緒に頑張っていきたいと力強くおっしゃられていました。

面白いお話を色々伺うことができました!近々さらに詳しく取材させていただ来たいと思っておりますので、続報にご期待ください!

2,自治体主導の共同出展が熱い「兵庫県姫路市」のブース

今回の展示会は、各県、自治体の商工会議所等による共同出展が多かったのが印象的でした。

f:id:monohorizon:20161101141601j:plain

兵庫県姫路市ブースでは、

  • 株式会社香寺ハーブ・ガーデン
  • 河部精密工業株式会社
  • 有限会社アトリエケー
  • 有限会社播磨海洋牧場

の4社が出展されていました。

 

今回はブースの総合プロデュースをされている楽通株式会社の田村様とお話をしましたが、彼の名刺がこれまた面白いんです。

 

f:id:monohorizon:20161101142143g:plainf:id:monohorizon:20161101142141g:plain

(※連絡先情報は伏せてあります)

 

名刺がまるでプロ野球チップスのカードそのもの!

社員一人ひとりがこの名刺を持っていらっしゃるんだとか。ステータスを決めているのは、会社のデザイナーさん。お厳しい・・・。

 

そんな愉快な姫路のブースでした!

 

3,山を愛する企業が作った帆布バッグ シライデザイン

f:id:monohorizon:20161101165102j:plain

 

帆布のを展示されていたシライデザインさんは「山に登っている方に使いやすいバッグ」を徹底的にされていて印象に強く残りました。

もともと山登りをする方向けの右側に写っているような三脚、望遠カメラなどを作っていたシライデザインさん。

そんな企業が作ったバッグ・・・絶対いいものに決まってるでしょう!

カバンを作っている会社が登山用のカバンを作るためにいろいろ必要な項目を調査して・・・という手順が一般的ですが、シライデザインさんはまず、山に関する知識が最初にあって、自分たちの使いたいと思うカバンを作るという全く真逆のルートで製作をされています。

代表白井要一様によれば「カバンを作るときに必要な要素はすでに知っていた。」「孫の代まで使える品質の商品を提供している。」とのことですが、謙虚な口調ながら自信にみなぎっているのが伝わってきて思わず引き込まれました。

山登りのクラブを運営されていて、登山の普及活動に努めていたり・・・とお話は尽きなかったのですが、展示会会場では全てを聞くことができませんでした。

是非是非、詳しいお話を聞きたいところです。

こちらも近々さらに詳しく取材させていただきたいと思っておりますので、続報にご期待ください!

 

4,人に、いちばんやさしい、ものを 龍宮株式会社

f:id:monohorizon:20161101170422j:plain

 

最後は遠く福岡からいらっしゃった寝具などを作っている龍宮株式会社さんです。

展示会に行くメリットの一つに、商品に直接触れることができるというものがありますが、パシーマというブランドの商品は触っただけで違いがわかりました。

サラサラとした肌触りなんですが、ちょっとレベルが違うんですよね。

伝わらないかもしれないのですが、言葉で言い表せられないとは正にこの事です。

秘密は素材にありまして、日本初の医療用純度のガーゼと脱脂綿を使った寝具とのことです。

福岡県の工場での生産にもこだわっていて、お子さんが安心して使える商品という点で右に出るものはない!そんなブランドですね。

福岡まで行って是非とも取材したい!そう思う会社さんに出会えたのも展示会に参加したからだなぁと思いました。

(追記:龍宮さんのパシーマ バスタオルはこの度「ワンダー500*1に選定されています。)

 

 

5,学習型アルコールガジェット「TYSPY」 株式会社STUFF

f:id:monohorizon:20161101173811j:plain

こちらは、なんとアルコールガジェット

 

聞いたことありません?

 

それもそのはず。このガジェットは全く新しいジャンルの機器です。

この「TYSPY」は自分の息を吹きかけデータを取ることで、自分のアルコール分解能力を叩き出してくれます。学習型のため、息を吹きかければ吹きかけるほど、正確なデータが出来上がっていきますね!

 

主な機能としては、

  • どれくらい酔っているかがわかる(測定結果表示)

  • アルコール分解までの時間がわかる(酔いさめタイマー)

  • 過去のデータを把握(データログ)

となっています。飲み会の途中に、アルコール濃度を測るタイミングまでお知らせしてくれる機能まで付いています。

 

「TYSPY」を使えば、次の日がお仕事の日でも自分のペースで飲みに行くことができるようになりますね!

ちなみに「TYSPY」は、クラウドファンディング大手のmakuakeにて、1500万円以上の資金を集めた超注目の製品です。現在、出資者に製品が届き始めているところで、一般販売に向けて準備中のこと。

早く全国の皆様に届けられる日が来るといいですね!

最後に

今回の展示会も熱気にあふれたものでした。

天気もあまりよろしくなかったのですが多くの人が来場し、交渉スペースも座れない人がいるほど賑わっていました。

モノホライズン運営事務局の前田がお届けいたしました。

それではまた!

 

この記事を書いた人
写真
投稿者:
プロフィール: